PTA・後援会PTA・supporters’ association

  • PTA活動を楽しみましょう
    PTA会長 岩崎 貴志

    みなさん、こんにちは。先日開催されたPTA総会でご承認いただき、今年度のPTA会長を務めさせていただく岩崎貴志と申します。一年間よろしくお願いします。
     また、PTA総会に先立ち開催された一年生の保護者会では、一年生の理事のみなさんから新たに、本部役員、広報役員、研修委員、後援会に加わっていただきました。これで今年一年のPTA活動を推進していくための体制が整いました。ご協力いただいた保護者のみなさんに心から感謝いたします。本当にありがとうございます。これらの役員のみなさんが中心となり、保護者のみなさんと共にPTA活動を楽しく推進していきたいと思いますので、よろしくお願いします。
     世間ではPTA活動への賛否や存在の意義について話題になることがあります。ここでは、それに対しての言及は避けますが、本校のPTA活動について申し上げると、非常に明快で簡潔です。「PTA広報誌の発行」「PTA研修旅行の企画・運営」「狭丘祭の出店」が主な活動です。保護者の目から見た学園の様子をみなさんにお伝えしたり、保護者間の親睦を図ったり、生徒とともに学園祭を楽しんだり、そういった活動をしています。
     私たちのこうした活動の根本は「生徒の学園生活をサポートする」ことにあります。生徒たちが落ち着いた環境で、勉学、スポーツ、文化活動に取り組むことができることは、何より幸せなことだと思います。生徒たちは、この狭山ヶ丘学園に入り、先生方の指導のもと、自ら高い目標を掲げ、自らに課題を強いて、ひとつひとつ課題を乗り越えていく、そういったプロセスを経て大きく成長しています。
     PTA活動を通じて生徒たちの成長過程に触れながら、私たちもPTA活動を楽しみましょう。

  • すべては子供達のために

    後援会会長 原島 伊佐夫

    会員の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。また平素より、狭山ヶ丘中学・高等学校後援会の活動に御協力・御理解頂きまして感謝申し上げます。
     さて私は、昨年六月に行われました総会にて、図らずも皆様よりご推薦いただき、会長職を拝命いたしました。
     実は私も当狭山ヶ丘高校出身であり、昭和五十九年三月に卒業しております。在学中は水泳部で汗を流しておりました。
     当時は、部活動を推薦している高校でありましたので、四年制大学への進学率は一割以下であったと記憶しております。その狭山ヶ丘高校が、短期間で現在のような、県下でも屈指の進学校になり、部活動もそれぞれの大会で活躍し、文武両道に成りえたのは、木下理事長先生・小川校長先生をはじめとした先生方の懇切丁寧な教育指導の賜物であると思います。卒業生・後援会会長といたしまして、大変感謝申しあげる次第です。
     今回、狭山ヶ丘中学・高等学校後援会の会長職をおおせつかりましたことは、私にとって身にあまる光栄と存じますが、一方ではこのような大役が私のようなものに、務まるかどうか不安もありました。もとより深い教養もなく、会をまとめていく力などもございません。しかしながら、母校の重責を担わせていただく以上、会員皆様と先生方のお力添えをいただき、一生懸命務めさせていただく所存であります。
     文末となりますが、今後も後援会は『すべては、子供達のために』という合言葉をもとに活動し、高校・附属中学校と共に発展・拡大を目指しますので、会員の皆様方におかれましては、どうか引き続きご支援を御願い申し上げます。

ページトップへ戻る