平成31年度 学校通信「藤棚」

左上のアイコンをクリ ックして、メニューを表示させてご覧ください。

平成31年4月 367号
平成31年度 中高合同入学式
校長式辞(要旨)

「ならぬ事はならぬものです」
白虎隊にも繋がる会津の教育理念
「ならぬ事か」どうかは、行為者自身が判断すべきものだというのが、戦後日本の思想
親が子を虐待死させる時代
虐待されている子供の訴えのコピーを、教育委員会の重い立場の人が、父親の犯人に渡す時代
男と女が成人したら結婚すべきだというこれまでの思想も、 「それは、本人自身が考え、決めるべきものだ」というのが、最近の傾向
男女の結婚離れ、独身主義が広まる中で、我が国の人口は著しく減少している
田園が滅び、都市のネオンのみが華やかなあかりを灯し続ける
大震災 大噴火 大津波 大規模原発事故等から都市を救えるのは田園のみ
離婚の激増 子供の孤立
親や祖父母を殺す傾向
政府は、家庭内における暴力行為も厳しく罰するという方向で、子供や女性を守ろうとしている
子供を虐待するなど、絶対に許せぬ暴虐
家庭内で女性を殴るなど、沙汰の限り
男は、自分より弱い者に、絶対に暴力を用いてはならぬ
だが、それは、これまでの法律でも厳しく禁じられていたもの
我々は、どこかで大きく間違っているのではないか
内部規範と外部規範の問題
私の意見では、規範(道徳)とは、成熟した世代の中で形成されそれが、未成熟の世代に持ちこまれるべきもの
他律規範
規範とは道徳と言い換えることも出来る
「良いか悪いか」、「それは皆さん自身で判断すべきもの」
自律規範
外国ではどうか キリスト教の世界では、大きな道徳規範は、 すべて聖書から生み出される
モーセの十戒 マタイ伝
イスラム世界では、すべてコーラン
日本だけが何故「自律規範」なのか
世界を植民地にしていた白人列強の、植民地支配に抵抗したアジア民族への恐怖
日本の文化、伝統をすべて否定しようとした
日本以外のどこに自律規範の国があるか 、 この際、考えてみることも大切
入学に当たり、読書、考察、論戦の重要性を深く考えて貰いたい

         
Index