平成30年度 学校通信「藤棚」

左上のアイコンをクリ ックして、メニューを表示させてご覧ください。

平成30年4月 352号 入学式特別号
入学式辞 要旨

中学 高等学校への入学を心から歓迎
大切なことは、互いに優しくすること
友を得るために心がけるべき事
自分以上に あるいは自分と同じように相手を大切にする事
できる できない 同意する同意しない 常に意思を明確にすること

挨拶をしっかりできる人間に
横からの 後ろからの挨拶を受けたときの清々しさ

民主主義国家の持つ素晴らしさを自覚する
中国 偉大な国家だが都市戸籍と農村戸籍の違いがあると聞く
生活水準も異なる
汚職も厳しく取り締まられているが、汚職追放の最善の道は表現の自由
すべての国が、少しずつ民主主義に向かって進んでいる
表現の自由 政治活動の自由が確立されている我が国の素晴らしさ
更にこれを発展させるために努力を

読書の大切さ
視覚情報が確立されている今日、活字に親しむことは特に大切
「文芸は 実人生の地理歴史」 菊池寛

図書館は原則として365日開館 固定席は設けない
勉強ばかりでなく本も読んで欲しい
中学生には中学校専用図書館

高校生、中学生共に、英語の授業のほかに、沢山の、自分の実力にあった英書を読んで欲しい
数学は大切 どのようにすれば底力をつけられるかを教師に尋ねて欲しい
自学自習は成功のための捷径

ご来賓に感謝
保護者の皆様にご協力を
PTAの役員にも積極的に参加を

 

韓半島の平和 非核化に期待する

         

 一衣帯水と言う言葉があるが、韓半島は我が国に極めて近い。日韓併合に対する韓国人の反発が強いのは理解できるが、京城には京城帝国大学があった。「植民地」に帝国大学を作ったのは、日本くらいのものだろう。少年時代に私は、偉大な韓国人にお会いしたこともあり、朝鮮人を深く尊敬していた。今もその気持ちは変わらない。
 北朝鮮は、人口二千万余の小国だが、ハリモグラのように武装しており、小国にしては厖大な軍事力、生物、化学兵器を備えた大量の特殊工作軍も存在すると伝えられる。
 国内に入り込んで、少なからぬ日本人を拉致、誘拐したことも知られている。中国と急接近した肉親の叔父を処刑し、その手順の中で実の兄をも毒殺した。平和でのんびりした、我々隣国の者に取り、まことに恐ろしい武装国家集団である。
 その北朝鮮が、一転して平和攻勢を仕掛けてきている。どんな平和も戦争よりは尊い。この平和攻勢が、朝鮮半島全体の非核化につながるならば、こんな有り難いこと、こんな嬉しいことはない。
 本当に北朝鮮の指導者は、核戦略を放棄するに至るのであろうか。切にそれを望む。
心配なことがある。アメリカの大統領が、北朝鮮との協議の中で、アメリカに届く大陸間弾道弾さえ廃棄すれば、北朝鮮が核保有国として存続することを容認するだろうとの噂である。
 韓国政府は、北との和解、協調に前のめりになっている気配もある。そもそも、朴大統領ほどの女性に、汚職があった等と言うことを私は信じない。その「摘発」は、巧みに仕組まれた「南北和解」のプロローグだったのではないか。そんな気がしてならない。
 どうも、日米韓、三国の中で、韓国が最も北に好意的であり、アメリカがそれに次いでいる。直接関わることの少ない日本が、北朝鮮に対して、最も苛烈な姿勢を維持しているのではないか、そんな不安を禁ずる事ができない。
 最終的には、全世界の核兵器を廃棄しなくてはならない。いずれ、携帯可能な核兵器が作成されるようになるであろう。それを無責任な暴力集団が握った場合、人類は生き残る事ができないのではないか。
 アメリカ ロシア イギリス フランス 中国 インド おそらくはパキスタンも。これほど核が拡散する中で、人類は本当に存続し続ける事ができるのであろうか。「辛うじて責任を維持できる大国」の核兵器は、小国の核兵器を完全廃棄するために役立て、最終的には、世界のすべての核兵器を廃絶させること、これが、人類存続の唯一の手段なのであろう。
 私は、蟻の集団的社会生活や、蜂の見事な巣作りを見ていると、その背後に、神の存在を感じるが、若しかして、この聡明な昆虫は、かって高度の文明社会を形成し、核の活用まで発展し続けたところで、核戦争により、すべてを失い、その残影が、このような形で残っているのではないかと考えるときがある。
 勿論、妄想なのだが、世界の現状を見るとき、本当に人類が、後、百年を生き続けることができるであろうかと思うと、暗い気持ちになる。一次大戦後21年で二次大戦が始まった。二次大戦が終わって以来73年になる。平和は何としても守り抜かねばならぬ。

Index