トップページ > 学校紹介 > 学園の沿革

学園の沿革history

昭和16年 近藤ちよが洋裁研究所を開設。
昭和25年 飯能高等家政女学校の教職員と生徒の写真
4月:飯能町(現飯能市)に「飯能高等家政女学校」を開校。
(写真は飯能高等家政女学校の教職員と生徒)
昭和35年 開校式当日の狭山ヶ丘高等学校
6月:武蔵町(現入間市)の現在地へ「学校法人狭山ケ丘高等学校」として移転開校。
(写真は開校式当日の狭山ヶ丘高等学校)
昭和39年 旧木造校舎と当時の生徒たち内観道場を校内に設置。自己観察法による非行対策教育を全国に先駆けてスタート。
(写真は旧木造校舎と当時の生徒たち)
昭和40年
3月:NHKの報道番組「現代の映像」に狭山ヶ丘の内観教育(自己観察教育)が取り上げられ、「非行への砦」と題して放映される。同月、学校教育内容の優秀さが認められ、文部大臣賞を受賞。
昭和47年 2月:日高市初の幼稚園として、さやまが丘幼稚園を併設。
4月:法人名称を「学校法人狭山ケ丘学園」とする。
昭和55年
11月:創立者近藤ちよ、私学教育振興が認められ、文部大臣賞を受賞。昭和天皇・皇后両陛下に拝謁。
昭和58年 茶室旧「悠久庵」
6月:特色教育振興のため茶室「悠久庵」完成。
昭和59年 創立者 近藤ちよ
5月:近藤ちよ、自己観察教育確立および私学教育への貢献が認められ勲四等瑞宝章を授受。(写真は創立者 近藤ちよ)
平成元年 7月:アメリカ合衆国(オレゴン州)での海外研修開始。(〜現在)
平成4年 9月:学校五日制一部実施。
平成8年 9月:創設者近藤ちよ逝去。
11月:小川義男 校長に就任。木下宏 学園理事長に就任。
平成11年 4月:新入生対象の「入学前英語特別予習ゼミ」開始。(〜現在)
11月:小川義男校長著「学校崩壊なんかさせるか!」(致知出版)出版。
平成12年 平成12年2月1号館完成2月:校舎(1号館)完成
3月:タイへの修学旅行(第一回)実施。(〜平成14年3月)
平成13年
4月:小川義男校長著「『親ばか』『教師ばか』が『素直な子』を育てる」(小学館)出版。
平成14年 7月:カナダ(バンクーバー)での海外研修スタート。
平成15年 4月:新入生対象「英語・数学入学前特別指導」スタート。
7月:小川義男校長編、教職員共著による「あらすじで読む日本の名著」(中経出版)出版。80万部。
8月:「あらすじで読む日本名著」が、ベストセラーに。
11月:「あらすじで読む日本の名著No.2」を出版。あわせて25万部を突破。
平成16年 あらすじで読む日本の名著
1月:No.3まで発行された「あらすじで読む日本の名著」が、あわせて60万部を突破。テレビ各局で取り上げられる。
2月:小川義男監修「二時間目 国語」出版。(宝島社)
3月:カナダ・アメリカへ修学旅行。(バンクーバー、シアトル)
5月:西武ドームで体育祭を開始。(〜現在) 
6月:「近藤ちよ記念内観教育研究所」開設。
平成17年 3月:イギリス・フランスへ修学旅行開始。(ロンドン・パリ)
平成19年
6月:小川義男校長 著書「子ども家畜論―教育は問答無用でたたき込む」出版(中経出版)。
9月:小川義男校長 著書「文字のしずく」―朗読CD付 出版(祥伝社)。
平成20年 4月:小川義男校長 講演会「お子さまを国語の天才に育てる方法」。
平成21年 1月:小川義男校長 著書「名物校長の教育論」出版(明成社)。
平成22年 3号館完成 3月:新校舎3号館完成
4月:小川義男校長 埼玉県私立中学高等学校協会会長 就任。
6月:狭山ヶ丘高等学校創立50周年。
平成23年
5月:小川義男校長 著書 「大人になると面白い!学校で習った古文・漢文」出版(洋泉社)。
平成25年 4月:狭山ヶ丘高等学校付属中学校開校
平成26年 3月:狭山ヶ丘学園総合グラウンド完成
3月:新体育館完成
狭山ヶ丘学園総合グラウンドの写真 新体育館の写真
平成27年 新校舎2号館の写真3月:新校舎2号館完成
平成28年3月 3月:ニュージーランドへ修学旅行開始。
ページトップへ戻る