トップページ > 教育と進学 > 設置コース

設置コースcourse

  • 東京大学をはじめとする最難関国立大学現役合格を目指すコースです。
    目指す主な大学は、東京大学や京都大学といった各旧帝国大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学など。

    少数精鋭の学習環境

    このコースは1クラス20〜30人という少人数で構成されています。そのため、教師が生徒一人ひとりとじっくり向き合い、個に応じたきめ細やかな指導ができます。また生徒たち自身も仲間意識が非常に強く、学業だけでなく様々な事柄に一致団結して取り組んでおり、「よき友人であり、またよきライバルでもある」、そのような関係を築いています。

    偏りないバランスのとれたカリキュラム

    学業面では、2年次には文理選択がありますが、T類では、文理どちらかに重点を置いたカリキュラムは組まれておらず、国数英の主要三科目がバランスよく配分されたものとなっています。文理どちらかへの偏重に安易に流されることなく、最難関国立大学の受験を常に意識しながら学習することを主たる目的としています。

    初志貫徹の精神

    学習においては、ともすれば孤独に陥り、掲げた目標を見失い、志望校を下げてしまう場合もあります。T類の生徒は仲間と支え合い切磋琢磨し続けることによって、掲げた目標を諦めることなく、挑戦し続ける強さを持って、日々学習に取り組んでいます。

    在校生から 本校に入学したときに抱いた抱負は二つある。
     一つは、今年度中に英検2級、さらに準1級を取得することだ。グローバル化が進む現代において、英検で試される読解力や表現力、会話力は必ず役に立つ。私は将来外交官になりたい。だから、英語力は必ず見につけねばならない。そのために、日々単語を30個は覚え、声に出して読む習慣をつけたい。
     もう一つは、勉強と部活動の両立、けじめをつける力を養うことだ。中学生時代の私は勉強も部活動も中途半端に行い、また、勉強をしなくてはならないのに長々とゲームをするなど、いつまでも切り替えができなかった。だから私は充実した高校生活を送るために書道部に所属し、毎日新たなことを吸収していく中で、けじめや切り替えができるように努力していく。(1年女子)
    卒業生からこの度念願の東京工業大学第4類に進学することになりました。これも本校で過ごした充実した3年間の結果です。学業や部活動はもちろんのこと、学校生活すべてが私にとって素晴らしいものでした。
     本校は自主学習を重視しています。学業において最も必要なことは自主学習であり、本校にはそれができる環境がありました。受験生活で気を付けていたことは学習が単純作業にならないようにすることでした。つまり、課題に対してしっかりと理解することを心がけていました。これこそがいわゆる質の高い勉強であり、自主学習とはこのことだと考えています。日常生活では特別自習室に入って夜9時まで自主学習に取り組んでいました。家で学習する習慣が身についていなかった私にとっては自習室の存在は本当に助かりました。
     部活動はインターアクトクラブに所属していました。主に奉仕作業を行う部活動です。入学後にその存在を知り、興味本位で入部しました。初めて募金活動に参加したときは正直気が進みませんでしたが、真面目に参加すればするほど、奉仕に対する私の気持ちも変わり、今ではそのような活動に参加できたのは、貴重な体験だったと振り返っています。このとき感じた気持ちの変化は受験勉強においても同じであり、また今後の人生でもきっと役に立つことでしょう。
     東京工業大学への進学を考えたのは1学年のころでしたが、当時の志望理由は東京工業大学の入試科目が私にとって有利だと感じたという軽い気持ちでした。3学年になってからは本格的に大学について調べ、第1志望校を東京大学、第2志望校を東京工業大学にしました。それぞれの大学を目指していく中で、東京工業大学に強くつかれるようになりました。東京工業大学は専攻を考えている工業系の研究に優れています。また、昨年のNHKロボットコンテストでも優勝を飾っており、是非そのような優れた学生がいる環境で研究することを考えていました。東京工業大学は文部科学省科学技術政策研究所行った調査において、論文の発表数と論文の引用数でトップグループに位置します。国内の大学でこのグループに位置するのは、東京大学、京都大学、東京工業大学のみで、東京工業大学は研究の量、質ともに素晴らしいと感じています。
     受験を終えて唯一悔やんでいることは、1、2学年のうちに受験での要不要科目の線引きをしてしまったことです。先生方からは安易な線引きをしないように注意されていたにも拘わらず、東京工業大学への合格を考えていた私は国語を疎かにしてしまいました。その結果、第一志望校を東京大学から諦めてしまう結果になってしまいました。
     大学ではロボット制御や機械などの設計に関わる技術の研究を考えています。現段階では詳細には決めていないので、1学年のうちに幅広く様々な学問に触れて、具体的な研究の方向性を考えていきます。
    東京工業大学第4類入学 小塩 彰(所沢市立山口中学校出身)
    平成30年3月卒業

  • 国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、その他医療薬科系大学などを目指します。

    様々なことに切磋琢磨し合える環境

    大学受験に対しての意識が非常に高い生徒たちが集まっています。入学当初より学業へのモチベーションが高く、受験を意識し、ともに競い合い、ともに向上し合う彼らの姿が見られます。またここでは、部活動にも所属し文武両道を図りながら最難関大学合格を狙っていたり、文化祭などの学校行事にも積極的に参加しクラス一丸となって最高のものを作り出そうと頑張るなど、多くの生徒が学校生活を有意義に過ごしています。こうした多彩な人材が、その個性を認め合い、互いに磨き合って、様々な化学反応見せてくれます。

    それぞれに特化した進学指導

    学業面では、2年次に文理選択がありますが、U類では生徒自身が選択した文理どちらかに重点を置いたカリキュラムが組まれており、文理どちらか一方に特化された授業展開がなされています。これにより、国公立大学や最難関私立大学、医歯薬科系大学を目指す上で、より具体的に受験対策をたてることが可能であり、大学受験への意識がより一層高まっていくのです。

    在校生から本校に入学したのは、英語を頑張りたいという強い気持ちがあったからです。3年間の目標は、現地で通用する英語を話せるようになる、ということです。もちろん英語だけでなく、他の教科もまんべんなく学び、自主学習毎日3時間を目安に日々の積み重ねを大切にします。
     また、部活動では、新しいことに挑戦しようと思い、合気道部への入部を決心しました。良き日本の文化に浸りながら、全力で取り組み、文武両道を目指して規律ある生活を送れるように精進していきます。
     中学校での経験から、3年間という月日はとても短いと考えています。だからこそ一日一日を大切に、無駄な時間をなくして有意義な時間を少しでも多く過ごすために、効率的な時間の使い方をして、内容の濃い3年間を過ごしていくつもりです。 (1年男子)
    卒業生から 私が狭山ヶ丘高校を志望した理由は塾などを頼らず、自学自習で難関大学合格を目指すという教育方針が自分に合っていると思ったからです。実際、私は3年間一度も塾に通わず、学校の授業とゼミ、放課後の自習だけで志望校合格を勝ち取ることができました。
     1,2年次はT類に所属し、入学当初から受験を意識した勉強に励みました。狭山ヶ丘高校では、質の高い授業、無料で行われるゼミ、放課後9時まで利用できる特別自習室、定期テストや模擬試験など、学力を伸ばすための多くのカリキュラムがあります。私は3年次までバドミントン部に所属しながら、ゼミや自習室を利用し、部活動と勉強を両立させることができました。
     3年次は自分の志望校の受験科目に合わせてU類に転類し、本格的に受験勉強を始めました。私が上智大学に合格したのは、TEAP利用入試という、上智大学と英検が共同で開発した一般入試です。高校でも説明会が行われ、大学のオープンキャンパスでその制度を知っていた私は、年3回行われるTEAPを受けてみることにしました。狭山ヶ丘の先生方はTEAPの個人指導もしてくださり、上智大学外国語学部英語学科に必要なスコアをクリアすることができました。
     細やかに熱心に指導して下さった先生方には本当に感謝しています。私は将来英語の教師になる夢を持っています。狭山ヶ丘高校の先生方をお手本にして、優秀な英語教師になれるようこれからも努力していきたいと思っています。( 平成29年3月卒業女子)

  • 文武両道を合言葉に、部活動に勤しみながら難関大学現役合格を目指すコースです。
    主な目標大学は国公立大学、早慶上理はじめGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)など

    文武両道を体現できる環境

    本校に入学してくる生徒たちは皆、豊かな知的好奇心と高い向上心を合わせ持っており、授業にも真剣に臨み、様々なことを吸収しようと一生懸命です。その一方で、放課後は部活動に汗を流しています。
     また入学直後から始まる文理選択ガイダンスや進路ガイダンスにも耳を傾け、自分たちの今後の将来について真剣に考えています。さらに年に複数回行われる校内模擬試験にも力試しとして自分の取り組んできたことを発揮しようと最後まで粘り強く挑戦しています。
     このように生徒たちはただ部活動や学業のみに傾倒することなく、まさに文武両道を目指し日々、努力しています。

    きめ細やかな進路指導

    進路指導においても他の類(コース)と変わることなく同じように行われ、二年次から生徒自身の目指す夢の実現に向けて文系と理系に分かれ、それぞれきめ細やかな指導がなされています。担任の先生との面談や進路指導室に足を運ぶなどして、常に難関大学を意識し、目標に向かって妥協することなく邁進し、友人達と切磋琢磨する生徒の姿が特徴的です。

    在校生から この1年間で頑張りたいことは二つあります。
     一つ目は勉強と部活動の両立です。私は勉強があまり得意ではありません。だから、授業の予習、復習をして授業についていけるようにしたいです。また部活動では吹奏楽に入部しました。中学校での部活動では良い結果が残せませんでした。だから、基礎練習とパート練習に加えて自主練習もしっかりと取り組み、全国大会を目指します。また先輩たちのように上手に吹けるようにコツコツ地道に練習していきます。
     二つ目は進路を少しずつ考えることです。私はまだ進路や将来の夢がはっきりしていません。まずは日頃から自分はどんな職業に向いているのか、また自分の長所を生かした仕事とは何かを考える必要があるはずです。
     この1年間、これら二つの目標を達成できるよう、日々頑張ります。(1年女子)
    卒業生から金融・政治・経済の分野に関心を持っていたため、大学では経済学を専攻することを考えていました。進学する明治大学は就職支援に力を入れていますし、短期留学にも関心がありました。当学部にはACEという英語実践力特別強化プログラムがあり、この制度を活用して英語の向上に励んでいきます。ただ、MARCHを目指すうえで早慶上智に照準を合わせて取り組んできました。
     受験期の学習時間は平日放課後6時間、休日10時間は必ず取るように心がけました。英語の読解や現代文の解法を身につけるには「質よりも量(慣れ)」が重要です。夏前まではひたすら基礎学習に専念しました。英語は単語帳の重点箇所をすべて暗記し、文法の参考書を1周プラス復習で計2周しました。国語は1週間に1題は過去問を解きました。世界史は古代から復習して夏までにナポレオンまで終わらせました。授業内容をきちんと復習することも効果的です。夏休みはすべて受験勉強に捧げ、取り組みました。本格的に過去問を解き始めたのは10月からです。間違えたものを書き込むために「なんでもノート」を教科別に何冊も作りました。就寝時に見直すことで自分の弱点を埋めました。睡眠不足では学習内容が記憶として定着しないため、夜11時には寝る習慣をつけていました。勉強を始める際には脳のエネルギーになるブドウ糖を摂取していました。他に心がけたのは1つのシャープペンシルをずっと使い続けたことです。本番になると緊張で焦りがちになるものですが、これを見るたびにこなしてきた課題の量を思い出せるため、愛用していました。そのおかげで、入試本番でもそこまで緊張せずに挑むことができました。LINEとTwitterとInstagramを消しました。本気で行きたい大学がある人は100%消した方がいいです。もちろんゲームアプリやYoutubeも。一瞬の娯楽と一生残る学歴、どちらが大事か天秤にかけてみて下さい。
     大学では専門の経済学はもちろんのこと、心理学も履修できるようなので幅広く学んでいきます。当面は東京オリンピックに向けて英語と中国語の簡単な会話ができるボランティアとして参加することを考えています。(平成30年3月卒業 男子)

ページトップへ戻る