トップページ > 教育と進学 > 設置コース

設置コースcourse

  • 東京大学をはじめとした最難関国立大学の現役合格をめざす少数精鋭のコースです。長期休業中には特別講習を開講し、1人ひとりを合格に導く最高の学習環境があります。
    【主な目標大学】
    東京大学や京都大学といった各旧帝国大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学など

    少数精鋭の学習環境

    このコースは1クラス20〜30人という少人数で構成されています。そのため、教師が生徒一人ひとりとじっくり向き合い、個に応じたきめ細やかな指導ができます。また生徒たち自身も仲間意識が非常に強く、学業だけでなく様々な事柄に一致団結して取り組んでおり、「よき友人であり、またよきライバルでもある」、そのような関係を築いています。

    偏りないバランスのとれたカリキュラム

    学業面では、二年次に文理選択がありますが、本コースでは、文理どちらかに重点を置いたカリキュラムは組まれておらず、国数英の主要三科目がバランスよく配分されたものとなっています。文理どちらかへの偏重に安易に流されることなく、最難関国立大学の受験を常に意識しながら学習することを主たる目的としています。

    初志貫徹の精神

    学習においては、ともすれば孤独に陥り、掲げた目標を見失い、志望校を下げてしまう場合もあります。しかし、本コースの生徒は仲間と支え合い切磋琢磨し続けることによって、一度掲げた目標を諦めることなく、挑戦し続ける強さを持って、日々学習に取り組んでいます。

    在校生から本校に入学したのは、高校一年次から受験を見据えて勉強ができると考えたからです。私は国立大学を目指しています。国立大学は、受験科目が多いことから、高校一年次から受験への意識を高めて学習していくことが重要だと考えています。その中で、勉強だけをすればよいというわけではないと考えています。私は、運動部に所属していますが、運動部に所属していても、勉強を両立させることは可能です。自分の中で切り替えをしていきながら全てのことに対して全力で取り組んでいきたいと考えています。(1年女子)
    卒業生からかねてより幅広い分野に精通する友人を持つことのできる総合大学の中でも、伝統ある旧帝国大学を志望していました。将来は立法、司法、行政といった国の中枢を担う職に就くことを考えております。当初志望したのは官僚の大半を輩出する東京大学です。3学年の11月までは志望し続けましたが、自分の学力では合格が現実的ではないことを悟り、北海道大学を目指すことにしました。きっかけとなったのは校長先生のお話でした。特に、札幌の中心地にありながらも広大かつ自然豊かなキャンパスには魅力を感じておりましたし、親元を離れて個人として成長するために海を挟んで遠く離れた北の大地での一人暮らしに魅力を感じました。
     現段階では国会議員を目指しているため、特に憲法解釈の問題についての関心を深めています。これまで平和を維持してきた日本が大きな決断をしようとしていますが、70年以上続く平和や伝統、時代ごとの流れや価値観、外交など様々なことまで考慮する必要があるため、憲法改正が正しいのかどうか正直今の私には皆目見当もつきません。政治家を志す者として情けない気もするのですが、偏見を持たずに公平な立場から研究が始められる点は無知の特権であると考えています。
     日本という国をより深く知るために、北海道大学で力を入れている国際交流や留学によって、自己を客観視するように、外から日本を眺めるとともに海外の多様な価値観の中でリーガルマインドを育んでまいります。
    北海道大学法学部入学 湯浅 祐(入間市立西武中学校出身)
    平成30年3月卒業

  • 難関国公立大学や早慶上理など難関私立大学への現役合格を目標とし、教科書の学習内容を早期に仕上げ、実践演習に重点を置くコースです。
    【主な目標大学】
    国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、その他医療薬科系大学など

    様々なことに切磋琢磨し合える環境

    大学受験に対しての意識が非常に高い生徒たちが集まっています。入学当初より学業へのモチベーションが高く、受験を意識し、ともに競い合い、ともに向上し合う彼等の姿が見られます。またここでは、部活動にも所属し文武両道を図りながら最難関大学合格を狙っていたり、文化祭などの学校行事にも積極的に参加しクラス一丸となって最高のものを作り出そうと頑張ったり、多くの生徒が学校生活を有意義に過ごしています。こうした多彩な人材が、その個性を認め合い、互いに磨き合って、様々な化学反応見せてくれます。

    それぞれに特化した進学指導

    学業面では、二年次に文理選択がありますが、本コースでは、生徒自身が選択した文理どちらかに重点を置いたカリキュラムが組まれており、文理どちらか一方に特化された授業展開がなされています。これにより、国公立大学や最難関私立大学、医歯薬科系大学を目指す上で、より具体的に受験対策をたてることが可能であり、大学受験への意識がより一層高まっていくのです。

    在校生から私が狭山ヶ丘高校に入学したのは、本校に学習しやすい環境が整っており、大学受験を見据えた上で、最も自分に合った学校だと思ったからです。
     本校には、特別自習室や無料で参加できるゼミなどの生徒の学習を支える様々な取り組みがなされています。そして、進路や学校生活などについての悩みがあっても、先生方が親切にご指導してくださいます。また、部活動も充実しており、文武両道を実現することも可能です。さらに、メットライフドームで行われる体育祭など、狭山ヶ丘高校でしか体験できない行事もこの学校の魅力の一つです。 私はこの三年間で友達とたくさん学び、主体性を身に付け、社会で活躍できる人間になれるように、日々努力していきたいと思います。(1年男子)
    卒業生から私は、狭山ヶ丘高校での3年間で、自ら考え、判断し、行動していく力を身につけることができました。それは決して、好き勝手に自己判断を下してしまうことではなく、様々な情報・状況を考慮して、実行していくということです。
     この力は、これからの変わりゆく社会を生き抜く為に必ず役に立つと思います。このことを学ぶことができたのは、この学校の環境・諸先生、そしてクラスメイトたちのおかげです。生徒と良好な関係を築きながらも、自学自習を第一に促進させてくれる狭山ヶ丘での生活や学習において、主体的に考えていくことが自然と出来るようになりました。
     この生徒と先生の信頼関係は、日頃からのコミュニケーションの賜物です。多くの先生が、放課後も質問の対応をしてくださるし、すれ違えば挨拶をし、時には立ち止まって話すこともあります。私も何度も、そのようにお世話になりました。このような関係があったからこそ、卒業してから今回の執筆を依頼されても、考える間も無く快諾したのだと思います。
    また、日々の学校生活をともに過ごす友人たちも、多様性にあふれ、私もたくさんの刺激をもらい、退屈しない日々でした。狭山ヶ丘での3年間、充実した良い日々だったなと振り返り、改めてこの高校で学んだことを活かしてさらに努力していくことを決意した今日この頃です。
    慶應義塾大学商学部商学科入学 赤澤真朋(西東京市立田無第二中学校出身)
    平成30年3月卒業

  • 豊かな知的好奇心を持ちながら部活動にも力を入れたい生徒たちが集まります。多彩な活動を展開しながらも、それぞれの重点を大学進学に置き、希望進路を実現するコースです。
    【主な目標大学】
    国公立大学、早慶上理をはじめGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)など

    文武両道を体現できる環境

    本校に入学してくる生徒たちは皆、豊かな知的好奇心と高い向上心を合わせ持っており、授業にも真剣に臨み、様々なことを吸収しようと一生懸命です。その一方で、放課後は部活動に汗を流しています。
     また入学直後から始まる文理選択ガイダンスや進路ガイダンスにも耳を傾け、自分たちの今後の将来について真剣に考えています。さらに年に複数回行われる校内模擬試験にも力試しとして自分の取り組んできたことを発揮しようと最後まで粘り強く挑戦しています。このように生徒たちはただ部活動や学業のみに傾倒することなく、まさに文武両道を目指し日々、努力しています。

    きめ細やかな進路指導

    進路指導においても他のコースと変わることなく同じように行われ、二年次から生徒自身の目指す夢の実現に向けて文系と理系に分かれ、それぞれきめ細やかな指導がなされています。担任の先生との面談や進路指導室に足を運ぶなどして、常に難関大学を意識し、目標に向かって妥協することなく邁進し、友人達と切磋琢磨する生徒の姿が特徴的です。

    在校生から私は、勉強と部活動を両立させるため、本校への進学と決めました。本校には、朝ゼミや21時まで利用できる特別自習室があるので、強化部に所属していても勉強時間を十分に確保できます。先生方の授業もわかりやすく、小さな疑問も丁寧に答えてくれます。だから、部活動も頑張りたい人も大丈夫です。
     また、進路についても一年次から詳しく学ぶことができます。将来の自分を見据えて勉強ができるので、モチベーションが上がり、勉強の効率も上がります。
     狭山ヶ丘高校なら、文武両道を実現させるための環境が整っています。(1年女子)
    卒業生から 受験期の学習時間は平日放課後6時間、休日10時間は必ず取るように心がけました。英語の読解や現代文の解法を身につけるには「質よりも量(慣れ)」が重要です。夏前まではひたすら基礎学習に専念しました。英語は単語帳の重点箇所をすべて暗記し、文法の参考書を1周プラス復習で計2周しました。国語は1週間に1題は過去問を解きました。世界史は古代から復習して夏までにナポレオンまで終わらせました。授業内容をきちんと復習することも効果的です。夏休みはすべて受験勉強に捧げ、取り組みました。本格的に過去問を解き始めたのは10月からです。間違えたものを書き込むための「なんでもノート」を教科別に何冊も作りました。就寝時にそれを見直すことで自分の弱点を埋めました。睡眠不足では学習内容が記憶として定着しないため、夜11時には寝る習慣をつけていました。
    勉強を始める際には脳のエネルギーになるブドウ糖を摂取していました。他に心がけたのは1つのシャープペンシルをずっと使い続けたことです。本番になると緊張で焦りがちになるものですが、これを見るたびにこなしてきた課題の量を思い出せるため、愛用していました。そのおかげで、入試本番でもそこまで緊張せずに挑むことができました。
    明治大学政治経済学部経済学科 入学 小泉 健(朝霞市立朝霞第三中学校出身)
    平成30年3月卒業

  • 主にサッカー部・野球部を中心に構成し、当該スポーツ活動を継続して行う意志と高い運動能力を有するだけでなく、大学への進学を目指すコースです。
    【主な目標大学】
    日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、筑波大学、法政大学、その他体育系大学

    私立文系に特化

    本コースでは私立文系に特化したカリキュラムを組んでいます。進むべき道を一本化することによって、部活動に専念しながらも、一般入試を突破していくことのできる高い学力を養成することが可能です。国語や英語をはじめ、いわゆる文系教科は様々な場面で友人や監督、顧問の先生と「対話」を重ねる時間の長い部活生たちには特に必須の学びと言えるのです。

    勉強に専念できる環境

    全員が「狭山ヶ丘」という名の看板を背負い、甲子園や埼玉スタジアム2002という舞台でのプレーを目指し、全情熱を部活動に注ぎ込むコースです。しかし、優れた成果を出すためには、煩わしいと思うものから逃げることなく、健全な精神で自己実現を成し遂げていく努力が欠かせません。頂点を目指すからには、このようなコペルニクス的転回が必要になるのです。

    幅広い進路への対応

    本校には長年にわたる先輩たちの実績に支えられた、幅広い指定校推薦枠があります。出願要件を満たす生徒は、その枠を使って大学へ進学する可能性もありますが、新しい入試制度ではいわゆる「学力不問」型の入試枠はなくなる方向で調整されています。本コースでは部活動に邁進しながらも、全員が希望の進路を実現できるように指導します。

    在校生の声高いレベルで文武両道に取り組める高校に進学したいと考えた中で、狭山ヶ丘高校を選んだ理由は、在学されている先輩の前向きな話や学校説明会で、私が抱えていた不安な点を、先生方から前向きになれるアドバイスを多く聞けたからです。入学してから、中学時代と比べて、部活動も大変になり、勉強と両立する事は大変です。しかし、意識の高いクラスメイトと悩みを話し合ったり、相談しやすい先輩が多くいる事で、頑張ろうという気持ちにさせてくれます。この恵まれた環境で後悔する事無く、三年間を過ごしたいと思っています。(1年男子)

ページトップへ戻る