トップページ > 教育と進学 > 設置コース

設置コースcourse

  • 東京大学をはじめとする最難関国立大学現役合格を目指すコースです。
    目指す主な大学は、東京大学や京都大学といった各旧帝国大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学など。

    少数精鋭の学習環境

    このコースは20〜30人という少人数で構成されています。そのため、教師が生徒一人一人とじっくり向き合い、個に応じたきめ細やかな指導が出来ます。また生徒たち自身も仲間意識が非常に強く、学業だけでなく様々な事柄に一致団結して取り組んでおり、「良き友人であり、また良きライバルでもある」、そのような関係を築いています。

    偏りないバランスのとれたカリキュラム

    学業面では、2年次には文理選択がありますが、T類では、文理どちらかに重点を置いたカリキュラムは組まれておらず、国数英の主要三科目がバランスよく配分されたものとなっています。これは文理どちらかへの偏重に安易にながされることなく、最難関国立大学の受験を常に意識しながら学習することを目的としています。

    初志貫徹の精神

    学習においては、ともすれば孤独に陥り、掲げた目標を見失い、志望校を下げてしまう場合もあります。しかし、T類の生徒は仲間と支え合い切磋琢磨し、掲げた目標を諦めることなく、挑戦し続ける強さを持って、日々学習に取り組んでいます。

    生徒の声 T類のクラスメイトは、多くが真剣に勉強に取り組んでいて、そういった勉強への心持ちを保つにはとても良い環境です。ただそれ以上に、勉強面以外にも個性豊かな人が集まり、賑やかで様々な化学反応を起こし合う一面もあります。そのため、勉強とその他のメリハリをつけて、充実した学校生活を送ることができています。  学業以外でも、素晴らしいものが本校にはたくさんあります。例えば部活動では、私は科学部に所属していますが、新しくできた理科室で日々研究を行っています。学校行事では、体育祭や文化祭が盛り上がるのはもちろん、オーケストラの鑑賞会など興味深いものや、スキー教室や修学旅行など思い出に残るものがあります。その中でも特に、有志ではあるのですが、外国で英語を学ぶ語学研修は、本当に行って良かったと思えるくらいにすばらしい経験を得ることができます。本当に行って良かったです。  私は県立高校が第一志望だったのですが、本校に進学して、様々な経験をして、様々なことを学び考え、今では、本校に進学して本当に良かったと考えています。これからも、自分の夢に向かって、本校で多くのことを学び、成長していきたいです。(2年男子)
    生徒の声 大学進学を果たした今、狭山ヶ丘高校で過ごした三年間を振り返ると、良かったと思えることがあります。それが今思えば、狭山ヶ丘高校の魅力なのだと思います。
     狭山ヶ丘高校に感謝したいことは、まず先生方の熱意です。高校では、中学校の学習内容とは比べ物にならないほど難しい内容を扱います。しかし、ゼミや長期休暇中の講習を先生方が開いてくださり、補習だけでなく、授業で扱えない内容や大学受験対策の講義をしてくださいました。また、記述式の問題演習では、大学受験を研究された先生方が添削を快く引き受けてくださり、各々に必要な学力が学習法までも教えていただきました。そして、他校には類を見ないほど親切に進路指導をしてくださいます。また、受験生は受験が近づけば近づくほど不安が増していきますが、このような時に先生を頼れば、励ましやアドバイスをくださります。小川義男校長先生がおっしゃる、「塾に通う必要などない」という言葉が身に染みて感じました。
     次に、高い目標や知識を持つ友人に出会えることです。T類では超難関大学を目指す友人に囲まれ、彼らとともに勉学に取り組めます。こうした環境では、仲間に対するライバル心とともに学習意欲が漲り、勉学が捗ります。また受験生という同じ境遇で同じ悩みを持つ友人と鼓舞し合うことができました。
     最後に中学生に伝えます。自分の将来を考えましょう。漠然と「○○高校に合格したい」という目標を持っている方も多いと思います。それを否定しようとは思いません。しかし、高校が最終地点ではなく、大学で、あるいは社会で何をしたいかを考えることが大切です。自分に向き合い、キャリアを考えることで充実した高校生活を送れます。
    (平成28年3月卒業男子)

  • 国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、その他医療薬科系大学などを目指します。

    様々なことに切磋琢磨し合える環境

    このU類の大きな特徴の一つに、大学受験に対しての意識が非常に高い生徒たちが集まっていることが挙げられます。入学当初より学業へのモチベーションが高く、受験を意識し、ともに競い合い、ともに向上し合う彼らの姿が見られます。また、ここでは、部活動にも所属し文武両道を図りながら最難関大学合格を狙っていたり、文化祭などの学校行事にも積極的に参加しクラス一丸となって最高のものを作ろうとするなど、多くの生徒が学校生活を有意義に過ごしています。こうした多彩な人材が、その個性を認め合い、互いに磨き合って、様々な化学反応見せてくれています。

    それぞれに特化した進学指導

    学業面では、2年次には文理選択がありますが、U類では生徒自身が選択した文理どちらかに重点を置いたカリキュラムが組まれており、文理どちらか一方に特化された授業展開がなされています。これにより、国公立大学や最難関私立大学、医歯薬科系大学を目指す上で、より具体的に受験対策を立てることが可能であり、大学受験への意識がより一層高まっていくのです。

    生徒の声 U類は、勉強を怠ることなく、部活動にも参加している生徒が多いです。生徒同士の雰囲気は良く、よい刺激を受けています。  本校の授業の進むスピードは速く、小テストがある教科も多いので大変です。しかし、大変だからこそ授業後の復習が大切になっていきます。そのため、自然と予習復習の学習習慣も身につきました。また、分からないことがあるときは、各教科の先生に質問に行くと分かるまで教えてくださり、助かっています。
     部活は、中学時代より活動時間、日数ともに長いですが、充実した日々を送っています。入部したばかりの頃は、授業の進度や密度の濃さに慣れるので必死で、加えて部活動の疲れから家に着いたらへとへとで寝てしまうこともありましたが、しばらく経つと生活のリズムも掴めていき、勉強との両立も出来るようになっていきました。
     私は文字の情報も良いと思いますが、実際に自分の目で確かめてみる情報も良いと思います。少しでも興味があるならば、9月行われる狭丘祭や、学校見学説明会へ足を運んで、自分の目でみてください。 2年女子
    生徒の声 私が三年間続けていたのは朝早く起きて勉強することです。一年生のうちは朝の二時間半だけでしたが、二年生の秋からは朝に加えて特別自習室でも夜も勉強するようになり、三年生になるとできるだけ3時に起きるようにしていました。私自身夜更かしが苦手だったということもありますが、朝は時間が限られているため、一日のどの時間帯より集中して取り組めました。
     朝以外は家では勉強に集中できなかった私にとって、日曜祝日にかかわらず開室している特別自習室は最高の環境でした。右にも左にも頑張っている仲間がいるというのは大きな励みとなり、自分の指定席にも愛着がわきました。また、進路指導室には豊富に赤本が取り揃えてあるため、志望校と同じ形式の問題を出す他大学の過去問をコピーすることもでき、自分の弱点を補う上で非常に役に立ちました。
     しかし、何より狭山ヶ丘の良いところは「ひと」だと私は思います。一生付き合っていきたいと思える友人、調子に乗りやすい私の性格を見抜いて厳しいことを言ってくれた先生、元旦だというのに特別自習室に来る後輩。狭山ヶ丘でのさまざまなひととの出会いに、勉強面はもちろんですがそれにとどまらない多くの刺激を受けました。中学生のころは真面目に勉強することを揶揄するような風潮があり、なににも本気になれない自分がいました。狭山ヶ丘で出会ったひとたちが、真面目とはひたむきに努力する誠実さをいうのだと教えてくれました。狭山ヶ丘はあなたを待っています。
    平成27年3月卒業女子

  • 文武両道を合言葉に、部活動に勤しみながら難関大学現役合格を目指すコースです。 早稲田大学をはじめG-MARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)など

    文武両道を体現できる環境

    本校に入学してくる生徒たちは皆、豊かな知的好奇心と高い向上心を合わせ持っており、授業にも真剣に臨み、様々なことを吸収しようと一生懸命です。その一方で、放課後は部活動に汗を流しています。また入学直後から始まる文理選択ガイダンスや進路ガイダンスにも一生懸命に耳を傾け、自分たちの今後の将来について真剣に考えています。更に年に複数回行われる校内模擬試験にも力試しとして自分の取り組んできたことを発揮しようと最後まで粘り強く挑戦しています。この様に生徒たちはただ部活動や学業のみに傾倒することなく、まさに文武両道を目指し日々、努力しています。

    きめ細やかな進路指導

    進路指導においても他の類(コース)と変わることなく同じ様に行われ、二年次から生徒自身の目指す将来に向け文系と理系に分かれ、それぞれきめ細やかな指導がなされています。担任との面談や進路指導室に足を運ぶなどして、常に難関大学を意識し、目標に向かって妥協することなく邁進し、友人達と切磋琢磨する生徒の姿が特徴的です。

    生徒の声 私は女子バレーボール部に所属しています。私は併願を考えていましたが、女子バレーボール部にとても憧れて単願で入ることを決意しました。部活動に入っていると勉強できる時間が限られていたり、両立が難しいのではないかと思う方も多いでしょう。実際に部活動は休みなく、勉強の時間を確保するのは難しいです。ただその限られた時間の中で勉強に励むことができることこそがV類生の特徴でもあります。周りにそのような友達が多いからこそ自分も負けじと頑張ることができます。勉強に力を注ぎたいから部活動には入らないと考えている方もいるかもしれませんが、私は部活動に入ることをおすすめします。授業をしっかり聞いていればわからなくなることは絶対にないですし、もしわからないところがあれば、その箇所を質問しに行くと優しく教えてくださる先生がいます。そして、何より充実した学校生活を送ることができます。また、私は部活動で鍛えられた体力、精神力などが学校生活だけでなく、日頃の生活の様々な場面で活きていると感じます。入学前はたくさんの期待と不安で胸がいっぱいだとは思いますが、だからこそ入学した際には頑張れる、妥協せず努力し続けることができる強い心を本校で培って欲しいです。私もこれから卒業式の日まで、仲間、先生、家族への感謝を忘れずに、努力を怠らない強い自分を作っていけるよう頑張ります。
    2年女子
    生徒の声 狭山ヶ丘高校は非常に勉強する環境が整っている学校だと思います。
    勉強する環境とは具体的にいうと、特別自習室や朝ゼミなどです。授業が充実している学校は狭山ヶ丘以外にも多くあると思いますが、授業以外でこれほど勉強する環境が整っている学校は本当にないと思います。V類は勉強も部活も頑張りたいと思って入学する人が多く私もその一人でした。私が所属していたサッカー部では練習も非常に厳しいものでした。しかし、厳しい部活にも集中して取り組みながらも勉強をしっかりできたのは勉強する環境が整っていたからです。授業外の時間でも質問すれば丁寧に熱心に教えてくださる先生方がたくさんいましたし、部活後に特別自習室にいったり、朝にゼミに出たり、ゼミのない日でも学校は朝早くから開いているので教室で自習することができました。勉強するための環境が非常に良かったからこそ、文武両道を実現できたのだと思います。
     このように素晴らしい環境が狭山ヶ丘高校にはあります。しかし、どんな良い環境があってもそれを活用できなければ意味がなくなってしまいます。自分の理想とする高校三年間を実現できるよう狭山ヶ丘高校で頑張ってください。
    平成27年3月卒業男子

ページトップへ戻る