トップページ > 教育と進学 > 狭山ヶ丘の一貫教育

狭山ヶ丘の一貫教育

難関国公立大学現役合格を実現する6年間の教育体制

東京大学をはじめとする難関国公立大学への進路実現を可能にします。「自学自習」の姿勢を身につけさせ、早期から大学受験を意識した無理のない先取り授業を展開します。さらに、朝ゼミ、放課後ゼミ、長期休業中の補習等を展開。
6年間という時間を十分に活用し、段階l的に知識を積み重ね、着実に実力アップを図ります

心身ともに鍛える6年間!

 知力・体力そして情熱を兼ね備えた真のリーダーを育成します。デジタルネイティブの子どもたちは知的鍛錬に加えて、軽登山や宿泊学習、そして農作業等を通じて、心身共に鍛え抜かれていきます。

  • ・朝ゼミや小テストを定期的に実施することにより、生徒が計画的に学習できる環境を用意し、学習習慣の定着を図っています。
  • ・特に英語、数学、国語、理科、社会の授業時間数を標準時間数より多く配分し、高い実力を養成します。
  • ・中学生専用の特別自習室を完備することにより、生徒に自ら学ぶ習慣をつけさせます。
  • ・豊富な授業時数のもと、無理のない先取り学習で真の学力を養成します。
  • ・定期テストの他に校内実力テスト等の実施により、各自の学習に対する長期的な目標を持たせ、「Plan Do See」の学習サイクルを身につけさせます。
  • ・高1では、英語・数学の習熟度別授業を展開します。定期考査終了毎に授業クラスを再編成し、互いに切磋琢磨することにより緊張感を持って学習に取り組むことができます。
  • ・高2より各自の進路希望により、ゆるやかに文系、理系に分かれます。高3では文・理にわかれたクラス編成になります。
  • ・ガイダンスや面談などを通じて、目標を下げることなく最後まで第一志望を貫き通す指導をします。
  • ・受験までの最後の1年間は、演習中心の授業を展開し、高度な実践力を身につけます。

     
    
ページトップへ戻る