学校感染症について

感染症の予防のために、学校保健安全法では次のように定められています。

【感染症による出席停止と登校許可証について】

児童、生徒が学校保健安全法施行規則第19条に規定されている感染症に罹患した場合、あるいは罹患した疑いがあるときは、学校保健法第12条に基づいて、出席停止の扱いとなります。つきましては下記「登校許可証」を病院に提出し主治医に必要事項を記入していただいてください。
記入された疾病証明書(登校許可証)を持参して登校してください。

疾病証明書(登校許可証)をダウンロードする(>>>

※ H29.04.01より疾病証明書の書式が変更になります

【感染症について】

  • 治癒するまで出席停止です。

    エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱・ペスト・マールブルク病・ラッサ熱・急性灰白髄炎・ジフテリア・南米出血熱・重症急性呼吸器症候群・痘そう・鳥インフルエンザ(H5N1型)・指定感染症および新感染症
  • 出席停止期間については守る。診断がついたら速やかに学校へ連絡する。

    病名出席停止期間おもな症状侵入経路潜伏期間
    インフルエンザ
    (H5N1型を除く)
    発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで 急な発熱、頭痛、全身倦怠感、筋関節痛、鼻水、咳 飛沫・接触 1〜5日
    百日咳 特有の咳が消失するまで。
    又は、5日間の適切な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
    はじめは普通の風邪症状で始まり、次第に特有の咳(コンコンとう連続した咳の後、息を吸う時に、ヒューという笛音が出る)が出てくる。 飛沫・接触 7日〜10日
    はしか 解熱した後3日を経過するまで発熱、咳、鼻水、滑膜炎。頬の内側に白い斑点(コブリック班)ができる。発熱後4日より皮膚に発疹。飛沫・接触 10日〜12日
    流行性耳下腺炎
    (おたふくかぜ)
    耳下腺炎の腫脹が発現した後5日を経過し、全身状態が良好になるまで唾液腺の腫脹、圧痛、えん下痛、発熱飛沫、接触 14日〜18日
    風疹
    (三日はしか)
    発疹が消失するまで 発熱、赤い発疹、リンパ節腫脹(耳・首の後ろ、後頭部 >飛沫・接触 14日〜21日
    水痘
    (水ぼうそう)
    すべての発疹が痂皮化するまで 発疹(紅斑・丘疹・水疱・痂皮)が体の中に次々と出る。かさぶたとなり先に出たものから治っていく 飛沫・接触 10日〜21日
    喉頭結膜熱
    (プール熱)
    主要症状が消退した後2日を経過するまで 発熱、頭痛、食欲不振、全身倦怠感、のどの痛み、結膜充血、眼痛、流涙等 気道、結膜接触 5日〜7日
    結核 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで 初期は自覚症状なし。X線検査で発見されることが多い。倦怠感、寝汗、発熱、体重減少、咳、痰、胸痛 飛沫 1〜2ヶ月
    髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで 頭痛、発熱、けいれん、意識障害、髄膜刺激症状 飛沫 3日〜4日
  •  

    病名出席停止期間おもな症状侵入経路潜伏期間
    流行性角結膜炎症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで 流涙類、まぶたの浮腫、充血、めやに接触8〜14日
    急性出血性結膜炎目の強い痛み、充血、めやに接触24時間〜36時間
    腸管出血性大腸菌感染症(O−157)水様性下痢、激しい腹痛、血便経口3日〜5日
    腸チフス、パラチフス、コレラ、細菌性赤痢、その他の感染症(マイコプラズマ肺炎、感染性胃腸炎、溶連菌感染症、ヘルパンギーナなど)
         
ページトップへ戻る