トップページ > 受験案内 > 在校生の声

在校生の声Voice of the student

受験生の皆さんへ

本校に入学したのは、高校一年次から受験を見据えて勉強ができると考えたからです。私は国立大学を目指しています。国立大学は、受験科目が多いことから、高校一年次から受験への意識を高めて学習していくことが重要だと考えています。その中で、勉強だけをすればよいというわけではないと考えています。
 私は、運動部に所属していますが、運動部に所属していても、勉強を両立させることは可能です。自分の中で切り替えをしていきながら全てのことに対して全力で取り組んでいきたいと考えています。
(T類・小平市立小平第五中学校出身・バドミントン部・1年女子)

私が狭山ヶ丘高校に入学したのは、本校に学習しやすい環境が整っており、大学受験を見据えた上で、最も自分に合った学校だと思ったからです。本校には、特別自習室や無料で参加できるゼミなどの生徒の学習を支える様々な取り組みがなされています。そして、進路や学校生活などについての悩みがあっても、先生方が親切に指導してくださいます。また、部活動も充実しており、文武両道を実現することも可能です。さらに、メットライフドームで行われる体育祭など、狭山ヶ丘高校でしか体験できない行事もこの学校の魅力の一つです。
 私はこの三年間で友達とたくさん学び、主体性を身に付け、社会で活躍できる人間になれるように、日々努力していきたいと思います。
(U類・所沢市立北野中学校出身・バドミントン部・1年男子)

高いレベルで文武両道に取り組める高校に進学したいと考えた中で、狭山ヶ丘高校を選んだ理由は、在学されている先輩の前向きな話や学校説明会で、私が抱えていた不安な点を、先生方から前向きになれるアドバイスを多く聞くことができたからです。
 入学してから、中学時代と比べて、部活動も大変になり、勉強と両立することは大変です。しかし、意識の高いクラスメイトと悩みを話し合ったり、相談しやすい先輩が多くいることで、頑張ろうという気持ちにさせてもらえます。この恵まれた環境で後悔することなく、三年間を過ごしたいと思っています。
(V類・鶴ヶ島市立南中学校出身・サッカー部・1年男子)

私は勉強と部活動を両立させるため、本校への進学を決めました。本校には、朝ゼミや21時まで利用できる特別自習室があるので、強化部に所属していても勉強時間を十分に確保できます。先生方の授業もわかりやすく、小さな疑問も丁寧に答えてくれます。そのため、部活動も頑張りたいと考えている人も大丈夫です。
 また、進路についても一年次から詳しく学ぶことができます。将来の自分を見据えて勉強ができるので、モチベーションが上がり、勉強の効率も上がります。 狭山ヶ丘高校なら、文武両道を実現させるための環境が整っています。
(V類・入間市立野田中学校出身・吹奏楽部・1年女子)

ページトップへ戻る