トップページ > 受験案内 > 入試要項

入試要項(平成29年度生向け)抜粋Essential point

*本抜粋は変更する場合があります。詳細は「入学試験要項をご覧ください。

【入試要項・出願書類のダウンロード】

受験生へのメッセージ

 「士は三日見ざれば刮目して見るべし」という諺があります。これは(立派な人は、三日会わないうちに別人のように成長しているかもしれないから、目を見開いてその人物を見つめ直しなさい。)という意味です。すなわち、志を持った若者は、短期間で飛躍的に成長することを物語っています。
 本校では、僅か三ヶ月で信じられないほど学力を伸ばし、難関大学を突破した卒業生が沢山います。受験生の皆さんも、このような先輩に学んで最後まで確信に充ち、努力し続けてください。
 目標を明確にし、意欲を持って真剣に取り組めば、必ずや合格を勝ち取ることができると確信しております。
 諸君の健闘に期待しています。

コースについて

  • T類(最難関国立大学進学コース)・・・最難関国立大学現役合格を目指す
  • U類(特別進学コース)・・・国公立大学・早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学をはじめとする難関大学現役合格を目指す
  • V類(総合進学コース)・・・部活動と勉学を両立させながら、大学現役合格を目指す
ページトップへ戻る

平成29年度生募集定員

  • T類・・・130名(推薦入試(専願・併願)・一般入試)
  • U類・・・135名(推薦入試(専願・併願)・一般入試)
  • V類・・・135名(推薦入試(専願・併願)・一般入試)
  • ※ 定員の人数には内部進学者(付属中学校定員80名)も含みます。
ページトップへ戻る

出願について

入試制度 推薦入試 一般入試
専願
①・②・③
注1)
併願
①・②・③
専 願
注1)
併 願
応募条件 平成29年3月中学校卒業見込みの者 平成29年3月中学校卒業見込みの者/中学校を卒業した者
出願書類 ・本校所定の入学願書(入学志願書・受験票)
・調査書(公立受験用書式〜郵送〜)
・受験票郵送用封筒(郵送「紙」出願の場合のみ)
・推薦書(郵送)
・本校所定の入学願書(入学志願書・受験票)
・調査書(公立受験用書式〜郵送〜)
・受験票郵送用封筒(郵送「紙」出願の場合のみ)
受験料 各25,000円
出願期間 平成28年12月10日〜平成29年1月14日(消印有効)
平成28年12月10日〜平成29年1月31日(消印有効)
出願はインターネット上での出願・もしくは郵送(紙)での出願とする
  • 注意1 専願推薦入試・一般入試(専願)は、本校を第1志望とする方の入試です。
  • 注意2 複数回受験割引を実施します。(同時申し込みの場合のみ)
  • (1回受験25,000円、2回受験35,000円、3回受験40,000円、4回受験45,000円)
ページトップへ戻る

入試日程について

入試制度 推薦入試 一般入試
専願①・
併願①
専願②・
併願②
専願③・
併願③
専願・併願
試験日
注1)
H29.1/22(日) H29.1/23(月) H29.1/24(火) H29.2/6(月)
試験科目 国語・数学・英語(各50分)マークシート式(英語のリスニングは行いません)
面接
・専願:受験生1名対面接官2名
・併願:受験生2名対面接官1名
※複数回受験の場合、面接は最初の受験日のみ実施します
合格発表 ホームページ掲載 注2)
H29.1/23(月)
12:00
H29.1/24(火)
12:00
H29.1/25(水)
12:00
H29.2/7(火)
12:00
延納手続
注2)
・専願①・②・③・・・できません
・併願①・②・③・・・1/30(月)まで
・専願
できません
・併願
2/10(金)まで
入学手続
【専願①・②・③】
i:H29.2/4(土)11:00〜14:00(制服採寸有り)
【併願①・②・③】
i:H29.2/4(土)11:00〜14:00(制服採寸有り)
ii:H29.2/10(金)11:00〜14:00(制服採寸なし)
iii:H29.3/11(土)11:00〜14:00(制服採寸有り)
制服採寸日・・・2/4、3/11
【専願】
i:H29.2/10(金)
11:00〜14:00
(3/11制服採寸)
【併願】
i:H29.2/10(金)
11:00〜14:00
(3/11制服採寸)
ii:H29.3/11(土)
11:00〜14:00
(制服採寸)
  • 注意1:推薦入試の試験日は、3回設けてあります。都合の良い日を選んで受験してください。複数回受験が可能です。ただし、専願推薦入試と併願推薦入試を同時に出願することはできません。
  • 注意2:ホームページ発表後、入学手続書類(郵送「紙」出願の受験生には合格不合格通知結果も)を発送します。
  • 注意3:入学手続を延期する際は、所定の手続きをし、延納手続金20,000円を納入してください。(3/11まで入学手続きを延期可能)。
ページトップへ戻る

推薦入試(内申)について

専願・併願それぞれ次の基準に達している人は、中学校長推薦をいただいた上で出願してください。(注1を参照)
この基準に達していない人は、自己推薦によって出願してください。

入試制度 コース 5科 9科
専願推薦入試 中学校長推薦
注1)
T類 23 41
U類 21 38
V類 19 35
自己推薦 T類・U類・V類 上記標準未満 注2)
併願推薦入試 中学校長推薦
注1)
T類 24 42
U類 22 39
V類 20 36
自己推薦 T類・U類・V類 上記標準未満 注2)
一般入試   T類・U類・V類 特に定めない
  • 注意1 中学校長推薦の(上記内申数値以外の)出願条件。
  • ・中学3年次での欠席日数が出願時までに10日以内であること。
  • ・中学3学次1学期(前期)又は2学期の評定に「1」がないこと。
  • ・本校所定の中学校長推薦書を提出できること。
  • ※上記内申数値(5段階評定)は中学3年1学期(前期)又は2学期の評定又は出願時の調査書(公立用書式)のいずれかを充たしていればよい。なお、5科・9科のどちらかを充たしていればよい。
  • 注意2 スポーツ、文化、福祉活動、生徒会活動、各種資格取得等で特段の実績のある生徒について特別に優遇する措置があります。
ページトップへ戻る

奨学生制度について

※ 詳細は個別相談会等で本校職員とご相談ください

■ 応募定員:
若干名
■ 応募条件:
推薦入試において、次の要件を充たしていなければなりません。
(1)中学校の学業成績が極めて優秀であること。
(2)東京大学をはじめとする最難関国立大学に合格できる可能性が高いと
判断できること。
尚、入学後は強化クラブ(野球・サッカー・陸上・女子バレーボール・吹奏楽)
への入部は認められない。
(3)本校職員と個別相談をし、saoka相談カードを持っていること。
■ 特典内容:
入学金及び授業料のうち国や県等による公的な支援金・補助額を除いた不足額を
原則として1年間給付します。諸経費や施設設備維持費等は納入しなければなりません。
なお、入学後にも、きわめて成績優秀な生徒を奨学生に認定することがあります。
ページトップへ戻る

他コースへのスライド合格制度について

出願時において、出願コース以外の他のコースも希望することができます。
 希望する場合は「他コース希望<T類> <U類> <V類>」の内一つを選ぶ。出願コースと選んだコースで判定します。(合格コースは一つのコースのみ)。
 他コース希望をしない場合は、「他コース希望の<しない>」を選ぶ。出願コースのみで判定します。

 

英語を活かした傾斜配点制度について

短期間に集中して努力し、合格を目指したいという方々の決意を励ます意味で、「傾斜配点」のシステムを導入いたします。平均的学力を有する方は、その地力で合格を目指してください。
 しかし、3科目全体を高めるためには時間が足りない。あるいは、ある科目は不得意だが、英語と他の1科目には自信があるという方々は、この「傾斜配点」を選択することができます。

傾斜配点制度

受験生の皆さんは、その希望により、英語ならびに選択した得意科目(国語あるいは数学のいずれか1科目)について有利に配点される「傾斜配点」を選択することができます。「傾斜配点」を選択した場合は、英語300点、選択した得意科目200点、残る1科目は100点、合計600点という配点になります。
「傾斜配点」を選択しなかった場合は、3科目とも同じウエイトでの配点となります。従って、英語・国語・数学それぞれ200点、合計600点ということになります。
 傾斜配点を選ぶかどうか、また、選んだ場合得意科目を何にするかは、入学試験当日の1時間目に先立ってマークシートに記載します。

ページトップへ戻る

学費等納入費用について

  入学手続時(円) 月額(円) 年間(円)(計)
入学金 250,000 250,000
施設費 100,000 100,000
授業料 28,000 336,000
施設設備維持費 5,000 60,000
空調費 1,000 12,000
合計 350,000 34,000 758,000
  • ・入学までに納入する1年次の諸経費(スキー教室費・鑑賞会費・生徒会費等)は160,000円です。
  • ・2・3年次の諸経費は、2・3年次の6月からの月額に加算して引き落とします。(昨年度実績:20,000円×5ヶ月)
  • ・希望により修学旅行費を積立てることができます。(昨年度:1年次15,000円×12ヶ月、2年次15,000×8ヶ月)
  • ・上記以外に、制服及び学校指定物品購入費用として約90,000円が必要です。
  • ・寄付金・学校債等は、一切必要ありません。
  • ・市町村民税所得額が304,200円(年収約910万円)未満の世帯は、国へ就学支援金の申請ができます。
  • ・埼玉県・東京都では、世帯の収入に応じて授業料等の軽減制度があります。
ページトップへ戻る

受験料を銀行窓口かATMで納入する場合の注意点

  • 1.振込人名は受験生本人とすること
  • 2.複数回受験する場合、受験料をまとめて入金すること。
  • 3.納入された受験料は事情のいかんにかかわらず返還しない。
  • 4.郵送(紙)での出願の場合、入金時の明細(レシート)もしくは振込金領収書を志願書の裏面にのり付けすること。
  • 【振込先】
     埼玉りそな銀行 入間支店 普通預金 口座番号 3883145
     口座名 ガク)サヤマガオカガクエン (学)狭山ヶ丘学園
         
ページトップへ戻る